Gibbon CUP 2015   MinamiAlps 大会

初の山梨県での公式大会開催!!

スラックライン公式大会 第3戦目となるGibbon Cup 2015 in Minamiarupusu

にRoughlineからYuyaが参戦してきました。(slackline)


全国的に猛暑が続き、山梨県南アルプス市も30度を超える暑さの中おこなわれました。


山梨県では初となる公式大会であり、関係者の皆さんは一生懸命大会の成功のため準備をされていました。

そのおかげもありまして、暑さ以外は選手にとってはいい環境のもと戦うことができました。

この場をおかりしてお礼申し上げます。


さて大会の内容ですが、選手のレベルが高く、日本ランカーたちがほとんど出そろうハイレベルな戦いでした。


今回から導入されたクラス別「シニア」「ジュニア」「オープン」「ミドル」のレギュレーションもありました。

出来る限り同じレベルの相手と戦えることもあり見応えある試合内容でした。


Yuya は激戦のオープンクラスの予選をなんとか通過することができました。

決勝トーナメントでは、同じ愛知県からKichi君と戦うことになり、

お互い手の内を知ったなかで、落ち着いたライディングができたKichi君とは対照的に焦りが目立ったYuyaはミスが多く、結果負けてしまいました。


限られた練習期間の中で集中したライディングができるように体も気持ちも整えていかなければと思いました。


【感想】

山梨県弾丸参戦で疲れました。今度は家族でゆっくり行きたいと思います。

フロントフリップはなんか巻き戻しのマウント!?みたいな感じでヘンテコだったので練習します(笑)

日曜日のギボンフェスティバルは参加できなくて残念。

ロングラインやウォーターラインもスラックラインの楽しみ方の一つなので、またやりたいです。

お土産は桃とブドウゼリー。SAで食べた開花丼うまかったなぁ。



もしよければ Video slackline Japanさん提供の動画はこちら↴

決勝トーナメント https://www.youtube.com/watch?v=hlCQitatoxY

予選グループ①  https://www.youtube.com/watch?v=9XHQnsNaH3k

公式SNSページ

roughline facebookページ

roughline Instagramページ



外部リンク


日本スラックライン連盟

日本最大級の連盟であり、100名を超えるインストラクターを育成している

春日井市スポーツ・ふれあい財団スポーツ復興センター

春日井市と協働して スポーツの振興に取り組む推進母体

スラックラインリサーチ

スラックラインHow toを解りやすく説明やスラックラインの可能性や楽しさを伝えてくれます

スラックティビティ日本総代理店

ギボンスラックライン正規販売店

スポーツくじTOTO BIG

誰もがスポーツを身近に感じることができる環境や新たなスポーツ復興を支援する

ギボンスラックラインジャパン

世界を代表とするスラックラインブランド。安全性と機能性にに評判が高い

ギボンフィットネス

フィットネスラックを使用したスラックラインフィットネスを開発。今後注目です

レニー

関西地区に拠点をもつ、スラックライン販売店、全国各地への出張イベントも行っている。

ゆみの日々のこと

~日々是好日~

ヨガインストラクターYumiのブログ レッスン情報等発信中



アクセス


市営朝宮公園  愛知県春日井市朝宮町4丁目 0568-84-4991  http://www.city.kasugai.lg.jp/bunka/sports/28646/index.html

   

お問い合わせ


メモ: * は入力必須項目です