Tinygardenfestival 2015 in Tsumagoi

〜体験&スラックラインスクール開校!〜

roughline3人がアクティビティーブースを担当しました。

夏休み最後の週末(8/29.30)
に2013年度の秋にブランド設立10周年を迎えたアーバンリサーチドアーズが開催するフェスティバルにGibbon slackline Japanとして参加させていただきました。

家族になり、初めての遠出。
不安もありましたが、無事に到着することができました。
キャンプ場を貸し切った会場は、
Tinyな雰囲気がいっぱいで、都会では味わえない世界観がお洒落感なイベントでした。

今回はslacklineSchoolとして
体験というよりは
自分の中心軸を探してもらうをコンセプトに。

オートキャンプ場の区画に設けられたブースは
とても広く、スラックラック4台もゆとりあるスペースに配置することができますが、
あいにくの雨模様〜全国的にも秋雨前線の影響(´・_・`)
お客さんの層は、若い人はもちろんのこと、中高年の方も沢山参加されていました。

1番は家族連れ

キャンプも同時に楽しめること。
もちろんレンタルも充実しているので、手ぶらで来る人も。
おしゃれな飲食店も数多く、センターハウスには無印良品の販売がありました^ ^

さて、slacklineSchoolの方といいますと

2日間で180名を超える方が参加してくださいました。
皆さん、スラックラインを楽しみにしていた方もあり、カッパや長靴でやる気満々^ - ^

合間にはデモンストレーションもあり、スラックラックのデモは初めてで一回目はあまりうまくいきませんでしたが、2回目はお見せできるものは全て出し切れたかと思います。

デモ後の体験者も多くきていただき、
デモンストレーションの大切さを改めて感じました( ^ω^ )

時より晴れ間も見えたり、豪雨になったりと自然を体感できました。
musicライブと雨の音がなんともいえない
心地よい雰囲気をつくってくれてました。

riderのYudaiのデビューはお預けでしたが、
ちゃんとGibbonブースの番をしてくれてました。(笑)

終わってみればあっという間のイベント。
設置から撤収まで、みんなで協力があってのイベントは成功に終わったと思います。

今度は晴れた時にも、参加したいと思う素敵なイベントでした。

関係者の皆様、Gibbonslacklineさん、
お疲れ様でした。

小さな庭先で繰り広げられるガーデンパーティーをコンセプトにして、衣/食/住/遊にまつわる扉が多数用意されていました。

出店者は音楽、クラフト、アート、映画、スポーツ、食など、 様々。

会場は標高1300mの高原で日本有数の高原キャベツの生産地でもある群馬県は嬬恋、
「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」です。
詳細はこちら

昨年の動画はこちら

公式SNSページ

roughline facebookページ

roughline Instagramページ



外部リンク


日本スラックライン連盟

日本最大級の連盟であり、100名を超えるインストラクターを育成している

春日井市スポーツ・ふれあい財団スポーツ復興センター

春日井市と協働して スポーツの振興に取り組む推進母体

スラックラインリサーチ

スラックラインHow toを解りやすく説明やスラックラインの可能性や楽しさを伝えてくれます

スラックティビティ日本総代理店

ギボンスラックライン正規販売店

スポーツくじTOTO BIG

誰もがスポーツを身近に感じることができる環境や新たなスポーツ復興を支援する

ギボンスラックラインジャパン

世界を代表とするスラックラインブランド。安全性と機能性にに評判が高い

ギボンフィットネス

フィットネスラックを使用したスラックラインフィットネスを開発。今後注目です

レニー

関西地区に拠点をもつ、スラックライン販売店、全国各地への出張イベントも行っている。

ゆみの日々のこと

~日々是好日~

ヨガインストラクターYumiのブログ レッスン情報等発信中



アクセス


市営朝宮公園  愛知県春日井市朝宮町4丁目 0568-84-4991  http://www.city.kasugai.lg.jp/bunka/sports/28646/index.html

   

お問い合わせ


メモ: * は入力必須項目です