· 

吉田野営 ~地域復興キャンプイベント~

梅雨の季節雨が心配ですが、夏といえばCamp⛺️

この時期のキャンプは過ごしやすく
気軽に楽しめるシーズン!!
世はアウトドアブーム!
個性的なキャンプ道具を集めたりして
見た目もお洒落なキャンプが増えてきますね。
そんなキャンプとslacklineがコラボする
地域復興イベントで
6/30-7/1に静岡県にある吉田公園にて
2日間限定のキャンプフェス「吉田野営2018」が開催されました。
そのactivityの一つでスラックラインも参加させていただきました。
天候が心配でしたが、雨が降ったのは夜中だけ
あとは晴天に恵まれ、日差しは強いですが、海も近いことから風もあり心地よい気候でした。
スラックラインは昨年もactivityとしてあったそうですが、ただラインを張ってあるだけで
遊び方などもわからないままだったそうです。
今回スラックラインは本部テント横のとてもいい環境でやらせていただきました。
木の間隔もよく、なんといっても手入れの行き届いた芝生が気持ちよかったです。
参加者のほとんどが裸足でスラックラインを楽しんでいました。
仕様はスラックライン10m(ギボン製ファンライン)、スラックラック3m(フィットネスラック)の2か所で体験会
自分のスキルに合わせて色々とチャレンジできました。
1日目はポーズチャレンジで4つのバランスポーズができたらクリアのチャレンジは初心者から経験者まで皆さん真剣に取り組んでいただきました。
2日目は1対1のバランスチャレンジコンペ皆さんはじめは出る気持ちが無い方も、出てみたら予想以上の結果がでたり、人前でスラックラインをやる緊張感やうれしさなども少し感じていただきました。
今回、ギボンスラックライン及び吉田野営さんから豪華景品をご提供いただき、コンペは大盛り上がりでした。
コンペ後も、熱心にスラックラインをやってくれた方も多く
最近ではメディアの露出効果もあり、「やってみたかった」などのお声を沢山いただきました。
2日間通して200名以上の体験者に加えて、リピートで頑張っていた方も多く終始混雑していましたが、みなさんのマナーがとてもよく、皆が気持ちよく楽しむことができました。
キャンプイベントということでroughlineもスラックラインエリアの前にテントを張り
同時にキャンプも楽しむことができました。
夕方からはサンセットヨガ、夜は映画観賞、大人の時間でbarタイム
とてもおしゃれな手作り感あふれるイベントでした。
吉田野営実行委員の皆さんをはじめ
関係者の方々にはとても感謝しております。
ありがとうございました。
roughlineでは
今回のキャンプイベントや地域のイベントなどでスラックライン体験などのご依頼も受け付けております。
*体験
*デモンストレーション
*ワークショップ
*slacklineゲーム

公式SNSページ

roughline facebookページ

roughline Instagramページ



外部リンク


日本スラックライン連盟

日本最大級の連盟であり、100名を超えるインストラクターを育成している

春日井市スポーツ・ふれあい財団スポーツ復興センター

春日井市と協働して スポーツの振興に取り組む推進母体

スラックラインリサーチ

スラックラインHow toを解りやすく説明やスラックラインの可能性や楽しさを伝えてくれます

スラックティビティ日本総代理店

ギボンスラックライン正規販売店

スポーツくじTOTO BIG

誰もがスポーツを身近に感じることができる環境や新たなスポーツ復興を支援する

ギボンスラックラインジャパン

世界を代表とするスラックラインブランド。安全性と機能性にに評判が高い

ギボンフィットネス

フィットネスラックを使用したスラックラインフィットネスを開発。今後注目です

レニー

関西地区に拠点をもつ、スラックライン販売店、全国各地への出張イベントも行っている。

ゆみの日々のこと

~日々是好日~

ヨガインストラクターYumiのブログ レッスン情報等発信中



アクセス


市営朝宮公園  愛知県春日井市朝宮町4丁目 0568-84-4991  http://www.city.kasugai.lg.jp/bunka/sports/28646/index.html

   

お問い合わせ


メモ: * は入力必須項目です